よくある質問

よくある質問

 お客様から寄せられることの多いご質問を掲載しております。水素・化粧品・サプリにご不明な点がある方は、ご参照ください。 問題が解決しない場合は、お手数ですがお問い合わせフォームやお電話でお問い合わせ下さい。

水素について

Q.そもそも水素とは何ですか?
 A.水素(hydrogen)は、原子番号 1、原子量1.00794の元素です。元素記号は「H」、元素の中で最も軽く、宇宙に最も多く存在します。 一般的に「水素」というと、水素の単体である水素分子(水素ガス) H2 を指すことが多いです。
Q.ORP(酸化還元電位)とは何ですか?
 A.ORP(酸化還元電位)とは、Oxidation-reduction Potentialの頭文字をとった呼び方です。 ある酸化還元反応系における電子のやりとりの際に発生する電位のことで、酸化還元状態を表す数値、単位はmV(ミリボルト)で表されます。 酸化状態ではプラス、還元状態ではマイナスの値になります。
Q.溶存水素量とは何ですか?
 A.水中の水素濃度を表した数値で、ppmまたはppbという単位で表されます。 ppm はパーツパーミリオン(parts per million)の略で、100万分の1を表します。1ppm=0.0001%です。 同様にppbはパーツパービリオン(parts per billion)の略で、10億分の1を表します。常温・常圧における溶存水素濃度の限界値は約1.6ppmと いうことが科学的に証明されています。

健康食品全般

Q.賞味期限はありますか?
 A.健康食品は食品ですので、すべての商品に賞味期限が設定されています。賞味期限とは「未開封の状態で定められた方法により保存した場合に、 美味しく食べられる期限」を指します。ですから、期限を過ぎたからといってすぐに食べれなくなるわけではありません。 ただし賞味期限を過ぎたものについては品質の保証は出来ませんので、できる限り賞味期限内にお召し上がりください。
Q.多めに摂取すれば早く効果がでますか?
 A.健康食品は長期的に摂取していただくことにより、健康維持の手助けをすることを目的につくられています。たくさん飲んだからといって、 働きが強まったり、より健康が増進するわけではありません。一日の目安量を参考に、継続して摂取して下さい。
Q.いつ摂るのが効果的ですか?
 A.健康食品は食品で薬ではないため、基本的にはいつ摂っていただいても構いません。ただ毎日続けることですので大切なので、忘れずに 続けられるお時間帯などを決めることをおすすめします。
Q.副作用はありますか?
 A.健康食品は食品ですので、通常は副作用はありません。ただし、体調や体質などによって、身体に合わない場合もあります。 食品アレルギーのある方や敏感な方は、成分などをご確認のうえ摂取することをおすすめします。
Q.妊娠中や授乳中に摂取しても大丈夫ですか?
 A.妊娠中・授乳中は、必要とする栄養素の量、味の好みやおからだの感受性も変化しがちな時期です。基本的には問題はございませんが、 ご利用はお控えいただくことをおすすめします。
Q.病気の人、薬を服用している人でも摂取して大丈夫ですか?
 A.健康食品は食品ですので、通常は問題なくご利用いただけます。ただし成分によっては薬の効果が妨げられる場合がございます。 医師から処方されている薬を服用されている方は、ご利用の前に医師や薬剤師にご相談されることをおすすめいたします。
Q.飲み始めてから、体調が悪くなりました。
 A.すぐにご利用をやめ、症状が気になる場合は医師にご相談ください。健康食品は、卵や牛乳などと同じように、まれにからだに合わない場合が あります。ご体質や体調によっては、かゆみや発疹、胃腸の不快感などが生じることがございます。
Q.食品添加物は安全なのものでしょうか?
 A.食品添加物は、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもので、厚生労働省が人間の健康に悪影響がないことを認めています。 ですから安全性の心配はありません。
Q.トクホとは何ですか?
 A.特定保健用食品(トクホ)は、消費者庁が定めた「保健機能食品」制度のなかで、体の調子を整えるなど特定の保健への効果が期待できる旨を 表示することのできる食品です。他の食品と違うのは、身体の生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいて、その保健の効果が科学的に証明された食品です。

化粧品全般

Q.どのように保存すればいいですか?
 A.基本的には、化粧品は温度変化が少ないため、直射日光を避けて、常温で保管してください。 冷蔵庫での保管は、出し入れによって急激に温度変化が起き、製品が変質することがありますので避けてください。
Q.化粧品の使用期限はどのくらいですか?
 A.未開封で、通常の保管であれば3年以内に変質してしまうことはありません。薬事法で、適切な保存条件のもとで3年以内に品質が変化する おそれのあるものは使用期限の表示が義務づけられていますが、弊社の取扱商品には変質してしまうことはありませんので、使用期限は表示しておりません。 ただし、保管状態が悪かった場合や、一度でも開封した化粧品は、製品の安定条件が変わってきますので、開封したらお早めに使い切ることをおすすめしています。
Q.使用中に、肌に異常があらわれた場合どうしたらいいでしょうか?
 A.使用中に、赤み、はれ、かゆみ、刺激などの異常があらわれたときは、ご使用を中止してください。 そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがあります。異常があらわれた場合には、皮膚科など専門医を診察を受けることをおすすめします。
Q.使用中に目に入ってしまったのですが大丈夫でしょうか?
 A.化粧品が目に入ったら、必ずすぐに流水で充分洗い流してください。目をこすると傷つきますので、こすらずにやさしく洗い流してください。 洗眼後も目に刺激・痛み・かすみなどの異常が残る場合は、眼科医の診察を受けることをおすすめします。
Q.どの位使えば効果がでますか?
 A.個人差もありますので一概にはいえませんが、一般的に肌は28日周期で生まれ変わっています。その生まれ変わりを3回は経る必要があるでしょう。 まずは3ヵ月のお手入れを目安としてください。