幹細胞培養液

ヒトサイタイ間葉細胞順化培養液

幹細胞培養液とは

 幹細胞培養液は、幹細胞を培養する際に分泌される成分です。
幹細胞培養液には数百種類のたんぱく質が含まれており、その中にグロースファクターと呼ばれる細胞への情報伝達物質が豊富に含まれています。
今までの化粧品原料は、肌の水分・油分を補う、肌老化に対して「補う」ことを目的として対処的な製品づくりです。ヒト由来の幹細胞培養液は、肌トラブル・肌老化の根本原因である細胞の不活性に働きかけ原因を解決するという今までの化粧品の在り方を変えるような成分です。

臍帯由来

 ヒト由来幹細胞培養液として流通しているものは、脂肪幹由来、骨髄由来、歯髄由来、神経幹由来など、既に分化が進み熟成された幹細胞が主流ですが、ヒトサイタイ間葉細胞順化培養液は臍帯由来の間葉細胞を使用した培養液です。
臍帯由来の幹細胞は未分化で増殖能力が優れた幼若な細胞が多く、その培養液には他の幹細胞培養液と比べて多種類、高濃度のグロースファクターが含まれています。