ユニクラスター

ユニクラスター(水素発生原料)

ユニクラスターとは

 ユニクラスターとは、水と触れると水素が発生する水素発生原料です。
多価不飽和脂肪酸系の植物オイルに含まれる水素を切り取ることで、膨大な量の水素イオンを発生させます。

ユニクラスターの考え方

現在、多くの水素発生原料はある原料(シリカ、サンゴ、ゼオライトなど)に水素ガスを吸着させて、水と触れると水素が発生するというものでした。

本来、私たちの体内では腸内細菌が水素を作っているのですが、その水素は食品から有効活用されるものだとされています。実際、新鮮な食品には水素が多く含まれており、その食品から水素を抽出できるのであれば外側から水素を取り入れる必要ないのかもしれません。ですが、新鮮なものだけを口にすることができない現在、私たちの身体には外側から水素を摂取する必要があるのです。 水素を取り入れることに違いはないですが、人にとって一番いいのは食品からとれる水素を取り入れることです。

そこで、ユニクラスターの開発メーカーでは水素を豊富に含む植物オイルの多価不飽和脂肪酸に着目し、特殊加工することで水素を切り取って抽出する技術を開発しました。

食品レベルから水素を発生させる水素発生原料、それがユニクラスターの考え方です。

ユニクラスターの組成


ユニクラスターは多価不飽和脂肪酸系の植物オイルを主原料として、海藻カルシウム、 炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、クエン酸カリウム、ケイ素、硫酸マグネシウムなどを特殊加工及び独自の分量で配合させた素材です。